【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

【一万円選書が到着!】いわた書店さんが選んでくれた11冊

ず~っと待ち焦がれていた本が
先日、届きました。

 

 

一万円選書に当選しました

記念切手が嬉しかったです



北海道のいわた書店から
<一万円選書>の当選メールが届いたのが、
今年(2018年)の2月。

 

aki-biz.hateblo.jp

ネットで応募するだけですが、
今や人気が出て、
3,000人待ちという状態だったので、
気長に待とうと思っていたら、
思いのほか早く当選しました。

 

 

そもそもなぜ一万円選書に応募したのか

 

実はそれほど
ドラマチックな理由はありません。

 

20代の頃に書店で働いていたこと
私自身も本が好きだったこと
小さな書店さんを応援したい

 

などです。

 

あと正直、最近は
どこか出版業界に対して
冷めている自分もいたことも
理由の一つです。


誰でもと言ったらオーバーですが、
今はブロガーが本を出すことが
当たり前になり、出版へのハードルも
低くなっています。

 

そういう世の中で
自ら本を選ぶことを
躊躇していたりしたんです。

 

 

ですから遠い北海道のいわた書店さんが
その人の人生観などから本を選んでくれる
というサービスに感銘を受け、
以前味わった本、特に小説への楽しみを
もう一度味わいたくなりました。

 

 

届いた小包には岩田さん&砂川市長のお言葉も

 

本の内容が頭に入っていて
この人にはこの本をとセレクトし、
ご自身のことを「日本一幸せな本屋」だと
語る岩田さんですから
一万円選書の包みには
何かしらメッセージはあるだろうと
思っていました。

 

A4一枚に印刷されたお手紙の内容を
こちらで書いてもいいですが、
これから応募する方のために
紹介するのは止めておきます(笑)。

 

(岩田さんからは本のセレクトの際にも
メールでお言葉をいただいています)

 

岩田さんのメッセージと共に
「私は本を開いたときの匂いが好きだ」
という文で始まる砂川市長のお手紙も
入っていました。

 

本と一緒に
大切な何かをいただいた気がします。

 

 

池澤夏樹さんの本を始め、11冊の本が届きました

 

f:id:akiarakaki:20180427185358j:plain

 

  •  『ちゃんと食べとる?』
  • 『きみのためのバラ』
  • 『トリツカレ男』
  • 『11/22/63』(上・中・下)
  • 『キネマの神様』
  • 『予言するアメリカ』
  • ガラパゴス』(上・下)

 

11冊中、上下巻が一組。上中下巻が一組。
結構、ハードルが高そうです(笑)。

 

 

なぜこれらの本を選ばれたのか
特に岩田さんは語られませんでした。

 


分厚い本が届いたのは
私がいわた書店さんに送ったカルテに
京極夏彦さん高村薫さんなどの
名前があったからかなと推測しています。^^

 京極さんの本、最初はレンガ本とか言われていたし。

 

 

でも、きっとそんなわかりやすい理由だけではなく(笑)、
岩田さんなりの思いがあって
これらの本を選ばれのでしょう。

 

 

aki-biz.hateblo.jp

 

 

届いた本はAmazonでのレビューを見ず(笑)、
ゆっくり読んでいくつもりです。

 

 

いわた書店様、
貴重な体験をありがとうございました。

 

  

 

***今日のひとりごと***

iDecoを申し込んでみました。

 

   

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ