【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

英語関係の仕事に就きたい方へ。 その2

「英語関係の仕事に就きたい方へ」~シリーズ第2弾です。

 

大学でのカウンセリングでも、転職支援の場でも、
「英語関係の仕事に就きたい」という声をよく耳にします。

 

先日のブログでは、まずその英語関係の仕事の定義を
考えることがスタートラインだとお伝えしました。

 

aki-biz.hateblo.jp

 

このスタートラインで方向性が変わることは、
病院で例えると、外科と内科くらい違うと思います。

 

 

もし、あなたが英語のスペシャリストではなく、
英語が使える環境(外資系など)で、ジェネラリストとして働きたい場合、
考えておきたいことは、

 

その仕事を通して、最終的にどうなりたいのか

 

 

です。

 

ゆくゆくは専門職とお考えの場合は、
仕事を持ちながら勉強をすることになるので、

 

結構エネルギーを使います。←体験者です(泣)

 

あと、「英語」という一つの魅力だけで選んでも、
会社で働く場合は、さまざまな環境要因があなたを取り巻いています。

 

・社員の人数

・職種

・扱っている商品

・出張の有無

・福利厚生

 

あともちろん給与がありますよね。

 

私のお客様で「英語が使える仕事に就いたけれど、あまりにも社員が少なくて、社長のワンマンさの影響をモロに受けました~」と嘆いている方もおられました。

 

仕事を選ぶ際に、英語という一つのフィルターだけで選ぶと、
あとあと後悔する可能性もなきにしもあらずです。

 

仕事は1日の3分の1を占める大事なものです。

 

いろいろと天秤にかけられてみてください。

 

f:id:akiarakaki:20171117095527j:plain

 

 

 

***今日のひとりごと***

 野菜室を真ん中にした冷蔵庫が本日到着予定。楽しみ♪

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村