【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

英語関係の仕事に就きたい方へ。その1

 

 

こんにちは。

まだまださわやかな沖縄の秋(←そもそも存在するのかは別として 笑)。

湿度が低いと快適ですよね。
自分が秋生まれ(10月)だからかもしれませんが、
秋が大好きな私です(笑)。

 


さて、今日のブログは「英語関係の仕事」について。

 

「英語関係の仕事に就くにはどうすればいいですか」

 

これ、よく尋ねられるんですよ。

 

日頃のキャリアコンサルティングの現場でも、
大学で学生を支援している場面でも。

 

英語の魅力ってすごいですよね。

 

私自身も英語関係の仕事に就いたこともありましたし、
超難関な放送通訳という専門職を目指した経験もあったので、
(今思うと、その時期は迷走していたかと思います 涙)
「英語関係の仕事に就くため」にノウハウというよりも、
知っておいたほうがいいと私なりに思うことを
いくつかシリーズでお届けします。

 

まず、「英語関係」という言葉は
結構その適応範囲が広いので、
私がよくお客様にお尋ねすることが以下の質問です。

 

 

英語を活かした「専門職」に就きたいのかどうか

 

もっと噛み砕くと、

 

1)英語のスペシャリストをご希望されているのですか?
2)それとも周りにアメリカ人など英語を使う方がいる職場で働きたいのでしょうか?

 

のような質問です。

 

 

というのも、案外、2)の方も少なからずいらっしゃるんです。
海外への短期留学やワーキングホリデーなどを体験された方など。

 

 

どちらがいいとか悪いとかではなく、
目指す方向が違うとその道もかなり違うからです。

 

 

正直申し上げますと、英語のスペシャリストになるには、
かなりの時間、勉強、費用が必要かと思います(独学でできる方は僅かかなと)。

 

つまり、今日、明日にできることではないんですね。
(もちろん、あなたの英語レベルにもよります)

 

ですからご自身がスペシャリストになりたいのか、そうでないのかで、
キャリアプランがとても変わります。

 

またスペシャリストを目指したとしても、
いろいろと考えないといけない部分があります。

 

それはまた書きますね。

 

まずは専門職(通訳・翻訳など)を目指すのか、そうではないのか、
そこを考えるのがスタートラインです。

 

 

ハミングライフ 沖縄

 

 

***今日のひとりごと***

 冷蔵庫を購入予定。野菜室を真ん中にするか下にするか迷い中(笑)。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村