【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

私を幸せにした骨格診断(笑)

先日、東京で骨格診断を受けてきました。

 

 

f:id:akiarakaki:20180509071009j:plain

 

骨格診断を受けようと思った理由

 

足のサイズが極小な私は、
もう何年も銀座かねまつさんで靴を作ってもらっています。

 

 

セミオーダー 靴は必然的にお金がかかるので、
その分、洋服にかかるコストは抑えていました。

 

 

でもその洋服選びに
頭を悩ませることも多くなったのです。

 


洋服のシルエット、生地のハリ感、
持っているものだとどこかしっくりこない。


しかも私は肌が弱いので、素材もコットンが中心。

百貨店に行ってもブランドが多すぎて、またまた迷う状態(笑)。

迷いが多いのは自分のせいではないけれど、
そのままにしておくのはダメだなと思って。

年齢相応で仕事に身に着けていく洋服をどうするか、
プロの方から「骨格診断」を受けることにしたのです。
(パーソナルカラーは既に受診済み)

 

 

診断結果は「ストレート」

 

結果、私は「ストレートタイプ」。

 

どうりでチュニックなど
森ガールっぽい恰好が似合わないとわかりました(笑)。

 

ちなみにストレートタイプは
髪型もストレートが似合うそう。

 

なので、もう私は生涯パーマを当てないことでしょう(笑)。

 

ちなみに下の写真は
「ストレートの人は胸元をすっきり」
という法則には当てはまっていますが、
「しわのある洋服を着けない」
というセオリーは無視しています(笑)。

 

f:id:akiarakaki:20180509072009j:plain

 

こういう判断系は
その結果に縛られると苦しいですが、
自分を客観的に見るためには
プロの視点も必要だと思います。

 

また「たった3タイプなの?」
と思われる方もいるでしょう。

 

でも私は骨格診断を受けて、
自分に合うブランドや髪型がわかり、
大変、楽になりました。

 

意思決定が多いと脳が疲れますからね。

 

スティーブ・ジョブズはプレゼンの時に
ISSEY MIYAKEの黒のタートルネック
いつも身に着けていましたが、
あれも洋服を決める時間を費やしたくなかったのかも
(と言ってもタートルネックは彼のための特別仕様だったようです)。

 

骨格診断で洋服に関する情報を
ある意味デトックスできて、
本当によかったと思っています。

 

 

***今日のひとりごと***

Macbook Proを買う予定ですが、iPadになるかも。
このあたりはまだ判断できないです(笑)。

   

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ