【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

2018年新成人のなりたい職業&保護者の皆様にお伝えしたいこと

GWです。2018年も折り返しが見えてきました。
沖縄県内の大学4年生は今、就活真っ最中です。

もう自己分析など行っている暇はないですが、
大学3年生はまだ余裕があります。

 

そういう意味では今、先輩たちの行動を眺めながら
将来のことを考えている学生も多いことでしょう。

 

またわが子の将来を心配される保護者の方々も
相当数おられると思います。


今日のブログでは2018年新成人500人を対象にした
調査会社のデータをご紹介しながら、
私から保護者の皆様へのメッセージもお伝えします。

 

f:id:akiarakaki:20180503094040j:plain

   ↑
カワイイ(笑)。

 

 

なりたい仕事の第一位は「会社員」(30.6%)

 

以前はこの調査、「会社員」でも
事務系、技術系、サービス系と
分野別に調査結果を出していたのですが、
いつのまにか「会社員」に統合されたようです。

 

周りを眺めてみても、
たいてい会社員、公務員、自営業ですから
その中の2つが上位にくるのも理解できますよね。

 

でも私が気になったデータが…。

 

「就きたい仕事がわからない」が 28%で第二位

 

こちら学生の声を耳にすることが多い私としても
実感できることです。

 

情報が多くて選びきれないという学生もいれば
何が自分に合っているのかわからないと
マッチングで悩む学生もいます。

 

いろいろ考えるから「わからない」という結果になるのか
考えたくないから「わからない」と答えてしまうのか
私も「わからない」(笑)。

 

 

それでも大学生は
転職者に比べて選べる職種は多いですし、
「新卒採用」という強いカードを持っています

 

ですから自分の過去と未来をみつめる自己分析を始めたり、
周りの仕事をしている人に話を聞くなど
今からいろいろとスタートしてほしいです。

 

 

就活生の保護者の皆様へ

 

大学の保護者向けセミナーなどでも
お話ししていますが、
親の立場の方々は
できるだけ自分の仕事の話を
具体的にお子様にしていただきたいなと思います。

 

  •  なぜその仕事を選んだのか
  • その仕事のいいところ
  • その仕事の大変なところ

 


「体験者だから言える」ことを
伝えていただけると、
お子様にとって、
かなり参考になるかと思います。

 

 

キャリアコンサルタント,ブランドコンサルタント,沖縄,新垣亜希

大学での保護者向けセミナー後は個別相談会もあります



 

学生からよく聞くのが
「うちの親は会社員だから、公務員になりなさいと言われた」
「うちの親戚はみんな公務員だから、公務員になりなさいと言われた」
「うちの親は公務員だから、公務員以外になりなさいと言われた」

などです。

 

お子様の将来を心配される
保護者の皆様の気持ちは痛いほどわかります。

 

 「誰々が何々だから~○○になりなさい」なんて、
三者の私たちが言えることではありませんが
ある意味、現実的なのかもしれません。

 

 

でも仕事のやりがいなどを加えて、
具体化してお伝えしてみませんか?


そうすることによって
お子さんのほうも
将来像をイメージしやすくなりますよ。

 

 

 

出展元:マクロミル

 

 

***今日のひとりごと***

ホットクックを買おうかなと思っていましたが、
そもそも煮込み料理をあまりしないことに気づきました(笑)。

 

   

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ