【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

親や先生(教授)、アドバイザーからの助言が異なり、困っている学生のあなたへ

もう学生じゃないですという方は「上司」、「メンター」、「コンサルタント」などに置き換えてお読みください。^^

 

選択肢が増えている世の中です。
それだけ豊かになっている証拠ではありますが。

 

選択肢が増える=アドバイスも多様化します。
時にはそれらが相反することもあります。

 

その例として。

 

公務員/会社員

・安定するから公務員を目指しなさい
・公務員はやりがいを感じにくいから民間へ行きなさい


教員/その他

・教員は難関なので2~3年勉強して採用試験に向けて頑張りなさい
・世の中のことを知らないと人を導けないので、まずは教員以外の仕事をしなさい


仕事の選択

・会社勤めが難しそうなら専門を活かして独立しなさい
・独立こそ専門以外の能力が試されるから立ち止まりなさい


就職/転職

・最初の仕事は大事だから自己分析、企業研究それなりに頑張りなさい
・世の中転職している人も多いので、最初から難しく考えなくてもいい


面接時の入退室

・第一印象が大事だから丁寧にやりなさい
・発言の中身がないと台無しだから、さっさとやりなさい


面接時の受け答え

・面接官から次の質問が来るのを意識して、答えは短めにしなさい
・答えが短いとスルーされるので多少長めに答えなさい

 

「短所は何ですか」に対する答え

・克服するつもりで頑張っているということを一緒に伝えなさい
・短所は長所の裏返しということを伝えなさい

 

などなど、いろいろありますよね。
正反対な意見が。

 

 

 

f:id:akiarakaki:20171124081017g:plain

 

私の答えは一つです。

 

 

正解はないので、自分で決めてね。^^

 

 

上に書いたものはあくまでも「意見」。
「やりがい」などは人それぞれですからね、どんな仕事であれ。

 

あとAさんの意見を取ったけど、うまくいかなかったから
Aさんを悪く言う、というのもナシね。

 

公務員として働いていてきた人と
自分一人で会社を興した人とは
見てきた世界が違うので、
アドバイスが異なるのは当たり前だから。

 

 

取捨選択することから就活は始まるのかもね。

 

 

***今日のひとりごと***

SMAP解散後、「新しい地図」の3人はとっても輝いてみえる。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ