【沖縄発!】~キャリアの花の咲かせ方~

新しいコト、サービスが大好きな沖縄在住のキャリア&ブランドコンサルタントが就職・転職・独立(たまに香害)について語ります

沖縄からでも送料無料!本の寄付はNPO団体に

こんにちは。

 

以前、不要になった洋服や鞄などはフィリピンの子供たちへのリサイクルという目的で、熊本の支援団体に送っているという記事を書きました。

 

aki-biz.hateblo.jp

その場合、こちらから送料がかかります。

 

私は半年に一度利用するかしないかなので、それほど送料のことを考えていません。

 

むしろこちらとしてはもう使わなくなったもの、着けなくなった洋服を利用してくれるだけでありがたいとう気持ちが強いです。

 

 

そんななか、本もある程度の数を処分することになりました。

 

 

本も買い取り業者がたくさんあったりしますが、私は難民支援協会を通して寄付することを選びました。

 

こちらは沖縄からでも送料が無料です(無料にこしたことはないです 笑)。

 

どんな本でも寄付できる?一冊でもOK?

 

  ↑
ちなみに今回の箱は80サイズです。家事本が多いです。

 

団体HPにも書かれていますが、国際標準図書番号であるISBNが裏表紙についているものです。雑誌や会報誌などは送れないので、雑誌などは私は熊本のほうに送っています。

 

あと書籍の送料無料対象は5冊以上のようです。なので、ある程度たまってから送るといいですね。私は段ボールをあらかじめ用意して片づけのときにぽんぽん洋服や本をそれぞれ別の箱に入れています。

 

申し込み方法は?

HPにある申し込みフォームと直接電話での申し込みが可能です。電話がフリーダイヤルでしかも土日も係の方が電話に出られるので安心♪ 

 

私はHPから申し込みましたが、指定した時間帯にヤマトのお兄さんが印刷済みの伝票を共に集荷に来てくださいます。

 

まとめますと、自分がすることは

  1. ISBNの本を5冊以上、箱に入れ、梱包
  2. HP(または電話)で申し込む
  3. 集荷希望日の時間帯に家にいる(笑)

だけです。簡単ですね。
ちなみに私はヤマトメンバーなので、集荷希望日時を他の荷物が来るときに合わせています。タイミングがよければ集荷と配達、同じ方が来てくださるので。

 

 

大量の本があればブックオフなど買い取りを検討してもいいでしょうが、私は都度手放しているため、本は寄付にしています。

 

 

 

団体のHPはこちらから。

 

www.refugee.or.jp

 

***今日のひとりごと***

思っていた以上に『シグナル』ロス(涙)。

 

 

 

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ 

 

 

HPを開設するとかかってくる営業電話とかメールとか

こんにちは。
キャリア&ブランドコンサルタントの新垣亜希です。

 

私はこれまでHPを3~4回ほど開設しましたが、
そのたびに営業がかかってきました。

 

今日はこれからHPを作ろうと思われている方へ
予備知識としてその種類を
ブログでお伝えしますね。

 

ただ、基本中の基本、
営業=悪だとは思っていません。

 


彼らも仕事で行っているわけですし、
その営業にイエスと言うことで
自分の世界が広がる可能性もあります。

 


ただ、中には気をつけたほうがいいものも…。

 

f:id:akiarakaki:20180611193123j:plain

    ↑  
時刻が私の誕生日(笑)

 

有名雑誌でのインタビュー

 

雑誌の中のインタビュー記事への依頼なので、
一瞬「え、私の活動がやっと認められた?」と思いがちですが、
それはほぼ有料広告です。

 

 

つまりこちら側が料金を支払います。
自費出版のようなものです。

 

確かに有名な雑誌の広告部が
広告代理店と共同企画しているものです。

 


紙面に小さく「PR広告」と書かれているものを
雑誌や新聞でみなさんもご覧になったことはあるかも?

 

 

雑誌の部数から考えると
ある意味ブランディング効果も高そうですが、
やはり気になるのがその料金。

 

 

でも、最初の依頼メールでは
たいてい料金は提示されません。

 


「気になりましたら、ご連絡ください」というパターンで
その連絡がこちらから東京への電話だったりします。^^;

 

 

先日もそのようなメールがありました。


「新垣さんのアメブロを拝見し…」
と書かれていたのですが、

 

 


私はアメブロは持っていません(笑)。

 

 

 

きっとコピペなんだな、あちらも大変だなと感じました。

 

 

専門家ポータルサイトへの登録

 

税理士、中小企業診断士、キャリアカウンセラーなど
士業を中心とした専門家ポータルサイト


ローカル版もあれば、全国規模のものもあります。

 

一時期、私も登録していましたが(全国版のほう)、
費用対効果が見込めないことと、
独自の規制があることから
このようなサイトには登録しないことにしています。

 

 

私が登録していたサイトは
たしか月額約5,000円くらいでした。
初期登録料もありましたが、金額は忘れました。

 

ただこちらも広告効果は
人によっては出る場合もありますので
ご自身の判断で考えてみてもいいかもです。

 

SEO対策をして検索結果を上位にするという誘惑(笑)

 

こちらも電話がたびたび
夜10時過ぎに(驚)かかってきました。

 

一度丁寧に断っても
また別の担当からかかってきます。

 

有名な会社だったりしますので、
つい信用してしまいそうになりますが、
そもそもSEO対策している会社が
どうして電話で連絡してくるのでしょうか(笑)。

 

あと電話の相手がどうもオドオドしている
感じがしましたので、
もしかしたら先輩や上司が
夜の10時過ぎに同じ部屋にいるのかなと思ったり。

 

だとしたらやっぱりかわいそう…。

 

SEO対策は業者に頼まなくても
頑張れば自分でできますし、
業者に支払う料金で別の媒体への広告に
回したほうがいいかもしれません。

 

冒頭にも書きましたが、
営業や広告は決して悪いものではありません。

 

このブログも<注意喚起>という意味よりも
こういうことをまずは知ってほしい
という気持ちで書きました。

 

有料広告を利用するのも
専門サイトに登録するのも
あなたのチャンスを広げてくれるかもしれませんから。

 

ただSEO代行はやめたほうがいいかな(笑)。

 

あ、ちなみに知らない電話番号(特に03で始まるもの)から
電話がかかってきたら、
すぐには取らず、その電話番号をGoogle先生に尋ねましょう。

 

どこからの電話なのか、
みんなが答えてくれているはずです(笑)。

 

 

***今日のひとりごと***

営業も悪いものじゃないけど、
株も悪いものじゃないよ~。←友人への呼びかけ♪

   

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ 

 

 

あなたの「メールの受信・開封確認」が誰かのストレスなのかも?

こんにちは。
NHK『PTAグランパ2』の最終回にほっこりした
キャリア&ブランドコンサルタントの新垣亜希です。

眞島秀和さんの大ファンなんです(照)。

 

 

今日のブログはメールの受信・開封確認について。

 

あなたがメール送信の際に
何気にリクエストしているとしたらそれは要注意。


どうして気をつけないといけないのかを
実体験に基づいて解説します。

 

f:id:akiarakaki:20180605104339j:plain

仕事ができる女性が陥りがちなことに
「すべて確認したい」症候があると日々感じています。

 

 

私が出会ったある管理職の女性は、
職場で周りから距離を取られていました。

 

 

周りの意見は
「○○さんから来るメール、いつも開封確認が付いてくるよね~」、
「しかも読んだら返事の催促が来るよね~」
などなど。

 

 


彼女はあくまでも仕事をしっかりこなそうと一生懸命。

 

 

でも、彼女が頑張れば頑張るほど
周りの意見は
「私たちを信頼していないのよね」
「監視されているようで息苦しいよね」
とネガティブなものに変わっていくのです。

 

 

確かには彼女は完璧主義者なのでしょう。

 

 

でも、まだ起こらないことに関して
色々とアンテナを張って心配しているのかもしれません。


前もってその不安の材料を一つ一つ潰していく作業の一つが
メールの受信・開封確認なのです。


──────────────────────────
未来に関しての不安は、真夜中に柳の木が揺れているのを見て、
幽霊がいると思いこみ、恐がるようなものです。
──────────────────────────

 


その不安に周りの人を巻き込む必要はないですよね。
確認を強いられた相手もつらいです。^^;


絶対にミスが許されない場合や
職場でメールの受信・開封確認が義務であれば
いたしかたないかもしれません。

 


ただ、不安から人をコントロールしたくなったら、
自分の中の悲観主義を認めてみましょうか。

 


その不安は「人に任せる」という行動で
だんだんと少なくなります。

 

 

翌朝、同じ柳の木を見て、
自分の愚かさ、小ささを笑えるくらい、
軽い気持ちで毎日を過ごしたいものです。

 


あと自動的に「開封確認」ボタンを押すのではなく、
メールの本文に確認してほしい旨の文言を入れる
おだやかな感じになるので、
私からはそちらの方法をお勧めします。

 

 

 

f:id:akiarakaki:20180605110629j:plain

 

 

PS: 記事を書いていて思い出したのが、
バッチフラワーエッセンスの柳の木、ウィローです。
「どうして自分だけがこんな目に」と思う状態に。
(写真提供元 ヒーリングバーブス社)

 

 

 

***今日のひとりごと***

今期のドラマでは『シグナル』に一番はまっています。^^

 

   

クリックで応援していただけると嬉しいです。^^

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ